トップ > インフォメーション一覧 > 詳細

2020.05.19

【重要】新型コロナウイルス感染症対応に係る利用料金等の還付について

静岡市より「新型コロナウイルス感染症に係る市主催イベント等の開催に関する基本方針」が更新されたため、利用料金の還付について対象期間等を下記のとおり変更いたします。

1 還付の対象者
(1)大規模なイベント等※の開催を中止または延期等するために、許可(予約)を受けた施設の利用を既に取りやめた方、または今後の利用を取りやめる方
※静岡市の「新型コロナウイルス感染症に係る市主催イベント等の開催に関する基本方針」に基づき、現状では、『100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数』に制限させていただきます。

【対象期間】
令和2年5月15日(金)から特定警戒都道府県とされる8都道府県の緊急事態措置を実施すべき期限まで
※状況により期間を延長する可能性があります

(2)令和2年5月15日(金)以降、施設の全部または一部が再開に向けた準備が整わなかったことにより、許可(予約)を受けた施設が利用できなくなった方


2 経過措置
大規模なイベント等の開催を中止または延期等する場合に限らず、これまで還付対象となっていた利用者については、下記の場合、経過措置として引き続き使用料等の還付の対象となります。
それぞれ対象期間等が異なりますのでご注意ください。

(1)新型コロナウイルス感染症の影響を理由に施設の利用(予約)を取りやめる方

【対象期間】
令和2年5月31日(日)までの利用分について

(2)下記(ア)、(イ)に該当する方
(ア)新型コロナウイルス感染症について、会議、イベント等の開催の中止を決定しなければ利用者に不利益が生じるおそれがある場合
(イ)その他新型コロナウイルス感染症について、利用許可の取消しを申し出ることについて合理的な理由があると所管課が認める場合    

【申出期間】
 令和2年6月30日(火)まで  
  ※上記期日までにお申し出いただければ、令和2年7月1日(水)以降の利用分も対象とします。

3 還付の手続きについて
上記対象期間の利用で、既に利用料等を納付し利用許可書の交付を受けているが、新型コロナウイルス感染症の影響を理由に施設の利用を中止する場合は、利用料等を還付します。
還付の手続きには下記のものが必要となります。
(1)利用許可書
(2)利用者(許可書に記載されている個人名・代表者名)の認印
(3)利用者(許可書に記載されている個人名・代表者名)の銀行口座情報
※ 利用者と異なる方の口座へ還付を希望する場合には、委任状と委任された方の認印と銀行口座情報が必要となります。

対象者あてに当館より電話等でご連絡いたしました後に、関係書類一式を送付いたします。書類がお手元に届きましたら通知内容をご確認の上お手続きをしていただきますようお願いいたします。