トップ > イベント情報

イベント情報 :大ホール

1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2022年1月

1月1日(土) 〜
1月3日(月)

My Fair Lady マイ・フェア・レディ

<1/1>開場13:30 開演14:00 <1/2>開場12:30 開演13:00 <1/3>開場12:30 開演13:00

日本ミュージカル史に燦然と輝く金字塔!!
2022年1月、上演決定!!

【INTRODUCTION】
ミュージカルの全てがここにある――
豪華キャストが贈る、一流エンターテインメント。
ロンドンの下町の花売り娘が、言語学者のレッスンで、見違えるように麗しい貴婦人に変貌する――。
オードリー・ヘップバーン主演の映画版でも広く親しまれている『マイ・フェア・レディ』。1963年、日本で初めて上演されたブロードウェイミュージカルとしても記録にのこる本作ですが、それから半世紀以上もの間、心躍る珠玉の名曲の数々とともに定期的に再演を重ね、日本ミュージカル史に燦然と輝いてきました。日本初演50年周年を迎えた2013年、翻訳・訳詞・演出を手掛けるG2の手により演出等がリニューアルされ、クラシカルな英国の香りと華やかさはそのままに、個性豊かな登場人物たちの生き生きとした情感がより際立つ作品としてリボーン(再誕生)し、日生劇場他で上演され大好評をもって迎えられました。2018年には朝夏まなと&神田沙也加を主演に迎え、寺脇康文&別所哲也を相手役に東急シアターオーブ他で上演され、時代を超えて愛される不朽の名作として、その人気を証明してみせました。そしてこの度、2009年以来、12年ぶりに《ミュージカルの殿堂》帝国劇場にて上演されることが決定いたしました。相島一之、今井清隆、春風ひとみ、伊東弘美、前田美波里など、2018年公演の続投キャストに加え、フレディ役で前山剛久&寺西拓人が初参加、作品世界にフレッシュな彩を添えます。どうぞ、ご期待くださいませ。

【STORY】
コベント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウス。終演後、劇場から流れ出てきた紳士淑女は、われ先にとタクシーを呼び止めようとしている。そんな人々にスミレの花を売り歩いているのはイライザ・ドゥーリトル(朝夏まなと/神田沙也加)。煤と埃にまみれお世辞にも魅力的とはいえない。タクシーを拾うのに気をとられていたフレディ(前山剛久/寺西拓人)はイライザにぶつかり、売り物の花が散らばってしまう。思わずフレディと母のアインスフォードヒル夫人(伊東弘美)を怒鳴るイライザ。その言葉はロンドンの下町言葉・コックニー訛りがひどく、とても聞けたものではない。そこへ通りかかったヒュー・ピッカリング大佐(相島一之)はイライザに花を売りつけられるが、その一部始終を物陰で手帳に書きとっている男がいた。男の正体は言語学者のヘンリー・ヒギンズ教授(寺脇康文/別所哲也)。あまりにイライザの話し言葉がひどいので、研究用に書き取っていたのだ。自分なら6か月以内に宮殿の舞踏会で踊る貴婦人に仕立てさせてみせる、と豪語するヒギンズの言葉に、イライザは興味深いまなざしを向ける。やがて意気投合したヒギンズとピッカリングは去っていった。

ヒギンズから思わぬ多額の稼ぎを手に入れ、上流社会の生活を夢見るイライザ。そんな彼女の前に清掃作業員の父アルフレッド・ドゥーリトル(今井清隆)が現れる。いつも娘から金をせしめようとする酔っ払いの父親にうんざりのイライザだが、そこは父娘の情。娘から銀貨1枚を受け取って、ドゥーリトルは大手を振ってパブへ入っていった。

翌日。ウィンポール・ストリートにあるヒギンズ家の書斎。ヒギンズはピッカリングを相手に研究成果を聞かせているところ。そこに家政婦のピアス夫人(春風ひとみ)が来客を告げる。やって来たのは精一杯の盛装をしたイライザ。レッスン料を払うからちゃんとした花屋の店員になるために話し方を教えてほしいというのだ。そこでヒギンズは、ほんの思いつきだった、《下町娘を貴婦人に仕立てあげる》を実行に移すことにする。ヒギンズの大言壮語につられたピッカリングはそれまでにかかる費用を全部賭けようともちかける。

こうしてイライザの奮闘が始まった。来る日も来る日も発音の練習を続け、そしてある日、とうとう正しい発音をマスターしたイライザ。勝利の喜びに浸るヒギンズは、早速、母親(前田美波里)がボックスを持っている、紳士淑女の社交場・アスコット競馬へイライザを連れて行くことにするのだが…。

脚本/歌詞: アラン・ジェイ・ラーナー
音楽: フレデリック・ロウ
翻訳/訳詞/演出: G2

出演
朝夏まなと/神田沙也加 (Wキャスト)
寺脇康文/別所哲也 (Wキャスト)
相島一之 今井清隆
前山剛久/寺西拓人 (Wキャスト)
春風ひとみ 伊東弘美
前田美波里 ほか

【キャストスケジュール】
1/1(土) 神田&寺脇&前山
★アフターイベント実施(出演:神田、寺脇、前山 ほか)
1/2(日) 朝夏&別所&寺西
1/3(月) 神田&寺脇&前山

全席指定(税込) S席 14,000円 A席 11,500円

10月2日(土)午前 10:00~

・キョードー東海
 052-972-7466
 (10:00~19:00 日曜・祝日 休)
・清水文化会館マリナート
 054-353-8885

1月8日(土)

フォルテ静岡デビュー名曲リサイタル

開場17:30 開演18:00 終演19:30

クラシックピアニスト、フォルテが2台ピアノでラフマニノフピアノ協奏曲第2番を演奏します。
静岡での演奏会は初めてで、とても楽しみにしています!

指定席 前売4,000円 / 当日4,000円 ※未就学児入場不可

9月25日(土)午前 10:00~

株式会社FMC
fmc.contact01@gmail.com

1月22日(土)

第27期しみずかがやき塾 第8回講座

開場13:00 開演13:30

第27期しみずかがやき塾 第8回講座
杉 良太郎【歌手・俳優、厚生労働省・健康行政特別参与】
「福祉・想いのままに」

デビュー前の15歳より刑務所や老人ホームの慰問を開始後、
今も様々な福祉活動を継続して行っている杉良太郎氏。
これまで杉氏自身が行ってきた福祉活動から学んだことは…
そこに見えた真実の涙とは…
想いのままをお届けします。



会員のみ

しみずかがやき塾事務局
054-353-6700

1月23日(日)

由比交響吹奏楽団 第25回定期演奏会

開場12:45 開演13:30

由比交響吹奏楽団がお送りする楽しい吹奏楽演奏会です。
お楽しみコーナーでは、お花のプレゼントもあります。

<整理券について>
11月1日(月)より、由比生涯学習交流館ほかで配布。
当日は12時00分より配布。

自由席 無料

由比交響吹奏楽団
<TEL>
090-3850-3921(赤堀)
<ホームページ>
http://yuikyou.com